Vision: unlimited

ASHIKI DESIGNの代表である芦木浩隆は、イルミネーションデザイナー創業20年を超え、美しいホワイトやブルーのLEDイルミネーションが存在していなかったフィラメント時代からの黎明期より業界に携わることで、大小含め数え切れないイルミネーションプロジェクトに関わってきました。

デザインは勿論のこと、プロジェクトに付帯してくる販促や集客計画、施設運営との連携、サイン計画から店舗や建物へのデザインなど、単なるイルミネーションを飾り付けるだけのデザインという枠組みを大きく超えた壮大なプロジェクトになっている施設が一般化しました。

日本の冬の大事な文化の1つとなったイルミネーションプロジェクトに多数参画をし続け光の飾り付けを大きく超えた、、まさに「無限/unlimited」のデザインの領域で、ASHIKI DESIGNは総合的なヴィジュアルデザインをお手伝いさせていただいております。

Works domain

イルミネーションデザイン

・エフェクトライティング(効果照明)

・ヴィジュアルデザイン全般

・商空間におけるグラフィックデザイン全般

・C.I.、ブランディング、ロゴ等

・観光資源開発(主に光を用いたもの)


Illumination & Effect Lighting Design works

イルミネーション&効果照明のデザイン制作

▲Illuminations & Effect Lighiting DESIGN WORKS : デザイン制作事例の動
画です。

パース制作はデザインではありません。

ASHIKI DESIGNのコアワークであるイルミネーションデザインと効果照明デザインは、創業20年を超え、様々なプロジェクトに関わらさせて頂きお手伝いをさせていただく中で得た知見や経験則を踏まえた光の空間づくりにおける総合的なデザイン・ディレクションを行っております。

イルミネーションデザインはイメージパース製作が主軸と認識されがちですが、実際のイルミネーションの現場において、施工を鑑みた設計や電気業者との打ち合わせや調整、装飾の施工指導、運用計画(動線計画やグッズ、フードプラン等のアイデア、デザイン)などイルミネーションのプロジェクト自体は1つのテーマパーク施設を創り上げることと同じくらい多岐にわたるクリエイティブや連携が付帯してきます。

プロジェクト初期から光の世界の完成まで様々な観点において、施主様や施工チームの皆様と共に精度を高めていきながらキラキラの素敵な世界を創り上げていく、イルミネーションデザインの仕事はこの総合的なヴィジュアルデザインを担うことになります。

▲イルミネーションメインの3Dイメージパース例
▲効果照明メインの3Dイメージパース例(イルミネーションと複合的に展開することが多いです)
▲光の演出に関わるワークフロー/演出構成、波形編集、Vコンテ製作

Design cases

上記のデザインワークフローに基づく実際の光の空間事例。


Work style

前途「パース制作はデザインではありません。」で触れた観点に加え、昨今は施主様から直接の実務業者を集めたプロジェクトチーム型のワークスタイルが増えております。様々な業者が複雑なワークフローの中で緻密気関わってくる事が多く、施主様と業者様とASHIKI DESIGNがフラットな立ち位置でプロジェクトを進める座組を組み立てデザインや空間づくりの立ち位置から素敵な光の空間を創り上げるスタイルでお手伝い致しております。

入札/コンペでは到達できない細かい精度の企画を組み立てることが出来るようになり、直接業者との調整や折衝を行えることで高いコストメリットのある企画にもなり、ASHIKI DESIGNでは中・長期的なプロジェクト方式で取り組むワークスタイルを得意としています。

Project team

ASHIKI DESIGNの光の空間創りを強力に助けてくれるスペシャルチーム

ASHIKI DESIGNがお手伝いするイルミネーションや光の空間作りなどのプロジェクトにおいては、直接施主様や現場、施工チームや業者様等と横並びで中・長期的に取り組むプロジェクトチーム方式でのワークスタイルを最も得意とします。下記は主に強力に助けていただいているチームの概要です。

Illuminations manufacturer

【イルミネーションメーカー】素敵で可愛らしい様々なイルミネーションを製造するメーカー。オジナルジナルデザインの制作や大量生産など、最もデザインをする上で重要なチームです。デザインや地域に合わせて効率的なメーカーさんと共に創り上げます。

Lighting engineer

【ライティングエンジニア】光と音楽、映像、インタラクション、プロジェクションマッピング等様々な演出要素を組み合わせた大掛かりなシステム構築や、演出プログラムの編成など、シンクロした光の空間づくりにおいて、ライティングエンジニアの存在は欠かせません。

Air craft, Display creation

【エアクラフト、ディスプレイ造作】イルミネーションを創り上げる上で、エアによる造作やディスプレイ造作は光の世界観をより没入感高く、異世界感のある空間に仕上げるために造作は重要な要素です。LEDや演出を組み込むデザインを行いイルミネーションに最適な造作を行っていただいております。

Fountain, waterscape

【噴水、水景】光と水はかなり良い相性を持つ要素です。光の中に踊るように輝く噴水とイルミネーションショーは、感動を多く生み出す非日常的で幻想的な光のショーを創り上げることが出来る、ASHIKI DESIGNの得意なデザイン要素の1つです。

System engineer

【システムエンジニア】特にイルミネーションとIoTを組み合わせたアトラクション、インタラクティブなどの構築は体験型の空間を創り上げることが出来ます。

Music composer

【作曲家】光のショーにおいて、デザインに合わせたり、ショー向けに特化した楽曲構成は五感に訴える重要な要素です。